車検切れの車 処分費用



車検切れの車の処分費用は?

車検切れの車の処分費用は?

車検切れの車を処分するのに必要な費用は・・・

実際に車検切れの車を処分するのにかかる費用はどの位になるのでしょうか?
まずは、車が「車検切れ」になった背景や車のプロフィールなどは考慮に入れずに、単に車検切れの車を処分するのに掛かってくるだろうと思われる代表的な費用を考えてみたいと思います。車検が切れている車に限らず、いわゆる車の廃車処分の費用ということになります。

==自動車の廃車にかかる費用==
・リサイクル料金
(軽自動車8,000円 国産の普通車10,000円 外車15,000円 大型車20,000円)
・抹消登録代行料金
(2,000~10,000円程度 自分で行う場合は印紙と申請書代で400円程度)
・解体費用
(10,000円~ 車種や業者によって変わってきます)
・車両運搬費
(業者に持込む場合は0円 車検切れや不動車の場合の運搬費0~30,000円程度)
~まとめ~
上記から、任せる業者にもよりますが、普通自動車を廃車するのに20,000~50,000円程度の費用はかかることになります。書類などの手続きは自分で行うとしても車の解体は業者に依頼するしかありませんので、どうしても実費がかかります。車両運搬費も同様です。
抹消登録手続きを終えると、期間によって自動車税の還付を月割りで受けることが出来ます。また自動車重量税(車検が一ヶ月以上残っている場合)の還付も受けられます。自賠責保険も残存期間に応じた返戻金が受けられます。以上の事柄も正しく手続きをした場合に受けられるので、車の処分を任せる場合は信頼できる業者を選ぶことが大切です。


車検切れの車を処分(廃車)する場合の注意点!

車検切れの車

・車の処分をできるだけ自分でやりたい場合
車の処分を自分でやる最大のメリットは車の処分費用を少なく出来るということです。そのためには抹消登録など面倒な手続きに対して労力は惜しまないという気持ちが大切です。ただし、車を解体する場合には解体費用が掛かってきますし、解体業者まで車を運ばなければなりません。車検切れの車や故障して動かない車だったりする場合はレッカー車等の車を運搬する手立てを考えなければなりません。
・車の処分を業者に依頼する場合
車の処分はディーラーや中古車販売店、自動車修理工場、自動車解体業者など、どの業者に依頼されてもいいのですが、料金が明瞭になっていることと最後まで責任を持って処分してくれる信頼できる業者に依頼しましょう。この場合、料金は業者によってまちまちですのでよく確かめて依頼することが大切です。
・自動車税及び重量税の還付金と自賠責保険の返戻金について
自動車税及び自動車重量税の還付は永久抹消登録申請または解体届出の手続きと同時に陸運局で申請します。自賠責保険の返戻金は各保険会社で申請してください。
・車検切れの車の運搬について
車検切れの車を公道で運転することは出来ません。車検切れの車の運搬はレッカー車または他の車に載せて運ぶか専門業者に任せましょう。もし車検切れの車を公道で運転した場合は、「無車検運行」という重大な違反になります。また、車検が切れていると自賠責保険も切れている可能性が大なので「無保険運行」というこれまた重大な違反となります。絶対に車検が切れた車で公道を運転することは止めましょう。


車検切れの車の処分は『廃車』だけだと思っていませんか?
車検切れの車は廃車処分するしかないと思っていらっしゃる方が多いようですが、車検切れの車の処分方法は廃車するだけではないんです。車検切れの車の所有者は「車を車検切れにしてしまった」という後ろめたさのような気持ちを少なからずお持ちのようで、車検切れにしてしまった車などは買取りしてもらえないとお思いのようなのですが、実は車検切れの車も買取りしてもらえるのです。
車検切れの車にも価値があるということです。まずは下記から所有している車の価値を確かめてみましょう。かんたんな入力で時間はとりません。もちろん無料です!


リゾートバイト