車検が切れた車 自動車税


車を売るなら3月31日までに 車検切れの車 自動車税
車検切れの車 自動車税

車検が切れた車の自動車税は?

車検が切れた車の自動車税は?

車検切れの車の自動車税はどうなる・・・?

自動車税は毎年4月1日現在の自動車の所有者に課せられる税金です。
自動車税は車種・用途別に、そしてその排気量や積載量、乗車定員などによって税率が定められています。排気量や積載量、乗車定員が増えるほど自動車税の税額は高くなります。

==車検切れの車に対する自動車税==
基本的に車検が切れているからと自動車税が免除されることはありません。車検を受ける受けないは自動車の所有者の自由なのですが、自動車のナンバーが登録されている限り課税されるのが基本です。しかし、地域によっては車検が切れたまま新年度(4月1日)になると課税の保留が行われ、自動車税の納付書が送付されて来ないことがあるそうです。ただし、納税が免除される訳ではなく、あくまでも保留なので継続検査をして車検を受ける場合には保留していた年度分の自動車税を納税しないと継続検査が受けられないようになっているようです。(地域によって対応は異なります)
「車検が切れた車に対する自動車税」については地域(都道府県)によって対応は違ってきますので、管轄の自動車税事務所にお問い合わせをお願い致します。


車検が切れた車の自動車税に対する注意点!

車検切れの車

・車検切れの車を抹消登録した場合
車を廃車した場合、手続きを行うと自動車税の還付を受けることが出来ます。車検切れの車を理由なく所有していても得なことはありませんので、出来るだけ早めに廃車(永久抹消登録・一時抹消登録)しましょう。陸運局で廃車手続きが終わったら、自動車税事務局で手続きを行えば手続きを行った月の翌月分から月割りで自動車税の還付を受けることが出来ます。
4月1日以降に廃車した場合
自動車税の還付はありません。6月に自動車税1年分の納付書が送られて来てしまいますが、その納付書では支払いはしないで後に送られて来る1か月分の納付書で支払うようにします。
軽自動車の場合
軽自動車税は年間課税ですので、自動車税のような月割りの税金の還付はありません。軽自動車税も自動車税と同じく4月1日現在の所有者に課せられます。

車売るなら3月中に


車検切れの車の処分は『廃車』だけだと思っていませんか?
車検切れの車は廃車処分するしかないと思っていらっしゃる方が多いようですが、車検切れの車の処分方法は廃車するだけではないんです。車検切れの車の所有者は「車を車検切れにしてしまった」という後ろめたさのような気持ちを少なからずお持ちのようで、車検切れにしてしまった車などは買取りしてもらえないとお思いのようなのですが、実は車検切れの車も買取りしてもらえるのです。
車検切れの車にも価値があるということです。まずは下記から所有している車の価値を確かめてみましょう。かんたんな入力で時間はとりません。もちろん無料です!


バイ・アンド・ホールド